トップ

健康の数値を気にする

健康のための目標設置

水です

数値を気にしすぎると不健康に 

私たちの生活って実に数値に支配されていますね。時間もそうだしお金もそう。健康にとって気になるのは身長体重カロリー体脂肪率…気にし始めたらそれこそきりがないですね。私たちと数字っていうのは切っても切れない関係にあるのです。しっかりカロリー計算して適切な距離を適切なスピードで走る。こういったことも健康につながります。しかしあまり数値を気にしすぎるのもどうでしょうか?私たちは数字で表せるような存在であってはいけないのです。計算式に出ない内面を磨く…それもまた我々の生活を豊かにするうえで大事な要素なのではないでしょうか。

数値目標を設定すること 

健康になりたかったら数値目標を立てることをおすすめします。抽象的な目標では、実現できているのかできていないのかがはっきりしない場合もありますし、きちんとした目標がなければ頑張りにくいからです。まずは、やるべきことに関する数字をきっちりと決めましょう。例えば、1日1万歩以上歩くとか、夜12時までに寝るとか、お酒は1週間に1回までというようなことを決めるべきです。また、成果に関する数字も決めましょう。1ヶ月で5キロ痩せるとか、血圧を30下げるなどといったようなものです。健康は勝手にやってくるものではなく、自己管理によって、得られるものだと考えて、対策を立てることが大切です。

健康と数値の情報

新着情報